法人向けBフレッツ

Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?

NTTの提供するBフレッツには法人向けサービスがあります。

 

会社のインターネット回線でBフレッツを使いたいという方は法人向けサービスに申し込むようにしましょう。

 

法人向けサービスは2つあり、1つがベーシックプラン。

 

ベーシックプランは、最大接続端末数が10となっており、企業向けというよりも、個人のSOHOグループ向けの内容となっています。

 

通信の最大速度は100MBPSで10台までのパソコンであれば高速でのインターネットが可能です。

 

仕事で大きなデータをやりとりしても、回線速度が落ちたりすることはありませんので安心して下さい。

 

2つめがビジネスプラン。こちらも最高通信速度は100MBPSとベーシックタイプと同じです。

 

ただ、接続台数が50台となっていますので、会社で複数台(10台以上)のパソコンを使う場合はベーシックプランではなくビジネスプランとなります。

 

50台のパソコンでネットを使っても、回線速度が落ちたりしませんので、会社でテレビ会議や動画の一斉配信、ASPサービスの他、大容量コンテンツの共同制作をするのに適しています。

 

利用料金ですが、ベーシックプランが月々10.605円。契約料金は800円となっており、ビジネスプランが月々43.155円で契約料金が800円となっています。

 

ただし、このほか屋内配線利用料などがプラスされる事になります。

 

ビジネスプランもベーシックプランも申し込みは電話受付かインターネット、店舗での契約となり、申し込みの手順についても別項で説明した流れ(個人プラン申し込み)と同じになります。


4万円以上が【確実】にもらえる光回線契約


Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?
Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは? Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?
Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?
Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?
Bフレッツの法人向けベーシックタイプとビジネスタイプとは?

関連ページ

Bフレッツとは?
Bフレッツについてよくわからないという方のために、どういうものか解説していきます。光ファイバーをつかった高速インターネット回線に興味のある方はこちら
Bフレッツの速度は?
Bフレッツの光回線はどれぐらい早いのかを調査しました。また、速度低下の原因となるポイントもいくつか挙げておきますので、気になる方はチェックしてみては?
Bフレッツの料金
Bフレッツの料金ですが基本的には同じです。フレッツ光ネクストでもBフレッツでも料金は同じ。ライトプランだと少しやすいですが、ネットはほとんどメールと簡単なWebサイト閲覧のみになってしまいます。
フレッツ光とは?
NTTの光ファイバーを利用したインターネット接続サービスがフレッツ光です。最新かつ今一番普及しているフレッツ光ネクストはもちろん、従来のBフレッツもこの光インターネットの一種です。
Bフレッツのキャンペーン
Bフレッツの新規加入キャンペーンを調べてみました。通常よりも無料期間が多いネット申し込みがお得です。キャッシュバック系のキャンペーンは魅力的に感じますが、無料期間の分と比較をすると実は…みたいなこともあるので冷静に比較しましょう。
個人向けBフレッツ
Bフレッツには、マンションタイプとファミリータイプがあります。前者は集合住宅向けで後者は戸建て住宅を想定したプランになっています。自分で選ぶことはほとんどできないのですが、どちらに当てはまるかは事前に確認しておくといいですよ。
Bフレッツの申し込み方法
主に、BフレッツはNTTへ電話、ネットからのお申込み、家電量販店などでの加入の3種類があります。ちなみに、ネットだとBフレッツの初期費用や加入後の数か月間無料期間がついたりするキャンペーンがあり、無料期間が通常より長くなったりもします。
Bフレッツの初期費用は?
Bフレッツに申し込んで開通するまでにかかる初期費用に注目しました。普通なら2万円程度が必要になるのですが、キャンペーンを開催しているのでそれを利用すると2,100円になります。実質無料と表記されているのは、ポイントが2,100円分もらえるからですね。
Bフレッツ導入前のチェック
Bフレッツの光回線を導入する前に、いくつかのチェックポイントを確認しておきましょう。特に、ひかり電話、フレッツテレビなどのサービスはよく確認しておきましょう。