Bフレッツ初期費用

Bフレッツ導入に初期費用はかかる?

BフレッツのCMや店舗の広告をみていると「今なら初期費用無料!」という宣伝文句を目にするので、乗り換えても初期費用が一切かからないと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、実際は初期費用を払う場合があるので注意が必要です。

 

この初期費用とは工事費の事を示しています。

 

光回線をひくと、自宅の回線を光専用にする必要があるので、工事をする必要があります。ADSLに関しては自宅の電話線をいじるだけで出来たのですが、光回線の場合は、コンセント差し込み口を開けて、その中に光回線専用の管を入れる作業が必要になります。

 

この工事は通常2万円位しますが、工事費自体が実質無料となります。ただ、この工事はあくまでも通常の工事の事を意味しており、自宅の環境によって別途作業が必要になったりした場合に関しては工事費実質無料キャンペーンの中に含まれず実費となります。

 

また、交換機を取りつける作業があり、この交換機本体の価格が5000円ほどするので、これも同様に自己負担となります。

 

こういった細かい費用が発生しますので、初期費用が無料と書かれていても、結局は無料というワケにはいかず負担が出てきます。

 

また、このほかにNTTと新規契約の場合は、契約料金が別途発生します。

 

初期費用無料というのは、最初にかかる一般工事の金額だけなので、費用が1円もかからないワケではないので、注意して下さい。

 

あと、工事費実質無料についてですが、チラシを見ると「○月○日まで!」と工事費実質無料の期日が書かれています。

 

しかし、その期日が終わるとまた新しい期日が設定されて工事費実質無料キャンペーンが行われているので、期日に関しては気にしなくても良いでしょう。


4万円以上が【確実】にもらえる光回線契約


Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】
Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】 Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】
Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】
Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】
Bフレッツ導入に初期費用はかかる?【マンション・ファミリー】

関連ページ

Bフレッツとは?
Bフレッツについてよくわからないという方のために、どういうものか解説していきます。光ファイバーをつかった高速インターネット回線に興味のある方はこちら
Bフレッツの速度は?
Bフレッツの光回線はどれぐらい早いのかを調査しました。また、速度低下の原因となるポイントもいくつか挙げておきますので、気になる方はチェックしてみては?
Bフレッツの料金
Bフレッツの料金ですが基本的には同じです。フレッツ光ネクストでもBフレッツでも料金は同じ。ライトプランだと少しやすいですが、ネットはほとんどメールと簡単なWebサイト閲覧のみになってしまいます。
フレッツ光とは?
NTTの光ファイバーを利用したインターネット接続サービスがフレッツ光です。最新かつ今一番普及しているフレッツ光ネクストはもちろん、従来のBフレッツもこの光インターネットの一種です。
Bフレッツのキャンペーン
Bフレッツの新規加入キャンペーンを調べてみました。通常よりも無料期間が多いネット申し込みがお得です。キャッシュバック系のキャンペーンは魅力的に感じますが、無料期間の分と比較をすると実は…みたいなこともあるので冷静に比較しましょう。
個人向けBフレッツ
Bフレッツには、マンションタイプとファミリータイプがあります。前者は集合住宅向けで後者は戸建て住宅を想定したプランになっています。自分で選ぶことはほとんどできないのですが、どちらに当てはまるかは事前に確認しておくといいですよ。
法人向けBフレッツ
Bフレッツには、法人向けのプランも用意されています。家庭用と違って使用台数が増えていたりするのが特徴です。
Bフレッツの申し込み方法
主に、BフレッツはNTTへ電話、ネットからのお申込み、家電量販店などでの加入の3種類があります。ちなみに、ネットだとBフレッツの初期費用や加入後の数か月間無料期間がついたりするキャンペーンがあり、無料期間が通常より長くなったりもします。
Bフレッツ導入前のチェック
Bフレッツの光回線を導入する前に、いくつかのチェックポイントを確認しておきましょう。特に、ひかり電話、フレッツテレビなどのサービスはよく確認しておきましょう。